腰痛:坐骨神経痛|西淀川区あさひ整体院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

腰の骨の間からお尻を通って足の先まで出ている太い神経が”坐骨神経”といい、

この神経に沿って痛みや痺れが出ている状態を”坐骨神経痛”と言います。

ひどくなると歩いても痛いし、寝ても痛いと訴える方もいらっしゃいます。

 

■坐骨神経痛の原因

多くの要素が隠されています。

・腰のゆがみで坐骨神経に圧迫

・脊柱管狭窄症により坐骨神経に圧迫

・椎間板ヘルニアにより坐骨神経に圧迫

・腰椎症により坐骨神経に圧迫

・梨状筋症候群により坐骨神経に圧迫

・腰椎分離症、すべり症により坐骨神経に圧迫

坐骨神経痛

■坐骨神経痛が出てしまった時の対処法

坐骨神経痛の痛みがひどく、立てない位痛い場合は迷わず整形外科に行ってください。

少し違和感があるくらいなら安静にしましょう。軽ければ、2,3日安静にしてい

るだけで和らぐこともあります。(あまり変わらない時はお早めにご相談ください)

 

■坐骨神経痛が出ているときに、やってはいけないこと

自分で揉み解したり、痛みが出る方向に無理に曲げたりはしないで下さい。

一時的に楽になっても数時間してからひどくなって来ることもあります。

 

■ 整体には何時頃行けばいいのか

坐骨神経痛が出ている場合、先に腰や臀部に違和感などが現れますので、痛みが出る前に

施術をすることが一番は良いですね。

 

病院へ行っても症状がなかなか改善されない方は方はお早めにご予約ください。

つらい坐骨神経痛でお困りでしたら一人で悩まず、お気軽にお問い合わせください。

あさひ整体院
http://www.chiro-asahi.com/
大阪市西淀川区竹島3-2-8
06-6472-1159

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA